牛

前回は原材料に含まれる良くある乳成分のみを元に自動計算ツールを公開しましたが、

今回はいろいろな食品も加えて作成しました。

自動計算ツール5,6 様々な乳類の成分量から合計蛋白質量たんぱくしつりょうを求め、牛乳の量への換算する

牛

牛乳アレルギーのお子様が乳製品を摂取する時は、乳蛋白質含有量にゅうたんぱくしつがんゆうりょうを把握しておくのが一番です。

乳成分の量そのままではアレルゲンとなる量が分かりませんよね。

牛

乳成分含有量にゅうせいぶんがんゆうりょうから乳蛋白質含有量にゅうたんぱくしつがんゆうりょうと、それを牛乳の量へ換算した場合の自動計算ツールから、さらに多くの乳類を含むバージョンを作りました。

今回も乳成分重量(g)が分かっている場合の計算ツール5と、割合(%)しか分からない場合の計算ツール6の2通りあります。

ピヨ

使用する時はSNSボタンを押してね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

乳蛋白質含有量計算について

乳成分に含まれる乳たんぱく質含有量は文部科学省の食品データベースを元に計算しています。

製造元で実際に使用されている物とは誤差がでる可能性があるため、摂取する場合は十分にお気を付け下さい。