『彩りキッチン ロースハム』鶏卵の含有量 乳成分(乳製品)の含有量 原材料名 2020年05月記録

彩りキッチンロースハム
彩りキッチンロースハム

鶏卵アレルギーと牛乳アレルギーの子供のために、製品中に含まれる「卵の使用量」と「乳成分の使用量」と「原材料名」を記録しています。

2020年05月、日本ハム(株)に直接問い合わせて確認した含有量数値です。

加熱食肉製品、『彩りキッチン ロースハム ロースハム』になります。

全卵換算と、牛乳換算の計算値も載せました。

ピヨ

その他の含有量記事は上部のメニューからお探し下さい

スポンサーリンク

※注意書き
  • このブログ内に記録している含有量は個人的なメモのため、数値は保証できるものではありません。
  • この数値は計算上の値なので、製品により誤差があります。
  • 商品改定による含有量の変更の可能性もあります。
  • 当サイトに記載した原材料と、商品に記載された原材料(並び順など)に違いがある場合は商品改定のため注意して下さい。
  • 計算値に小数点以下のズレが生じますが、実際の数値に近づけるのと繰り上げ計算しているためです。(例えば1個0.04g、2個0.07gなど)
  • ページ下の備考欄にその他の注意点を記載している場合があります。
  • このブログに書かれている内容を転用・転載する場合は、このブログへのリンクを貼るようお願い致します

日本ハム(株)について

日本ハム(株)回答の乳成分含有量は、含まれている乳成分の総量です。牛乳換算値ではありません。

『彩りキッチン ロースハム』 鶏卵の含有量(使用量・分量)

彩りキッチンロースハム
彩りキッチンロースハム

■日本ハム(株)回答値

1枚当たり 2枚 3枚 4枚
(1パック)
製品重量(g) 10g 20g 30g 40g
乾燥卵白含有量(%)
日本ハム回答
4.304%

※1パック4枚入り。

※1パック標準40g入りですが、製品によりばらつきがあります。

※原材料に「卵たん白」と書かれていますが、「鶏卵由来の乾燥卵白」だそうです。

■乾燥卵白を全卵換算(g)  (当サイト計算)

1枚当たり 2枚 3枚 4枚
(1パック)
製品重量(g) 10g 20g 30g 40g
乾燥卵白含有量(g) 0.4304g 0.8608g 1.2912g 1.7216g
↑の乾燥卵白を
全卵換算(g)
5.17g 10.34g 15.51g 20.68g

※卵白の量を基にした全卵換算です。

商品改定により以前より増えてますね。

『彩りキッチン ロースハム』乳成分の含有量(乳製品使用量・分量)

■日本ハム(株)回答値

1枚当たり 2枚 3枚 4枚
(1パック)
製品重量(g) 10g 20g 30g 40g
乳成分含有量(%)
日本ハム回答
約1%

※1パック4枚入り。

※1パック標準40g入りですが、製品によりばらつきがあります。

※使用されている乳成分・乳製品の総量です。

※原材料に「乳たん白」と書かれていますが、牛乳由来の「乳清たん白濃縮物」だそうです。

それ以外に「カゼインNa」も含まれます。

※原材料は使用量の多い順に記載されているため、「乳清たん白濃縮物」>「カゼインNa」となります。

■おおよそ牛乳換算値 (当サイト計算)

1枚当たり 2枚 3枚 4枚
(1パック)
製品重量(g) 10g 20g 30g 40g
乳成分含有量 総量(g) 0.1g 0.2g 0.3g 0.4g
牛乳換算値(g) 2.73g 5.45g 8.18g 10.91g
牛乳換算値(ml) 2.65ml 5.30ml 7.94ml 10.59ml

※1パック標準40g入りですが、製品によりばらつきがあります。

「乳清たん白濃縮物」のタンパク質割合と、「カゼインNa」のタンパク質割合がたまたま同じだったため、このように計算することができました。

「乳清たん白濃縮物」について備考欄に記載しています。

『彩りキッチン ロースハム』の原材料名(アレルギー情報)

原材料名
豚ロース肉、卵たん白、還元水あめ、食塩、大豆たん白、砂糖、豚コラーゲン、乳たん白/調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、増粘多糖類、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)、香辛料、コチニール色素、(一部に乳成分・大豆・豚肉を含む)

※卵由来を赤字、乳由来を青字としていますが、メーカーに確認してはないため、これ以外にも卵由来の物、乳由来の物が含まれる可能性があります。
スポンサーリンク

備考

※商品改定があったようですが、以前より「卵たん白」の量が増えてました。

原材料名は使用量の多い順に記載されてますが、「卵たん白」が2番目に書かれています。

以前はもっと後ろに書かれていました。

含有量に大きな改定があるかどうかは原材料を見てもある程度判断できます。

ハムやベーコンなどの加熱食肉製品は加熱済みなので、焼かずにそのまま食べることができます。

ですが自宅で調理する時に比べ、加熱が十分ではないので注意して下さい。

乳については加熱による変化がほぼありませんが、鶏卵については加熱による抗原性の強さが全く変わってしまいます。

ハムをインスタントラーメンに入れる時などは少し茹でると安心ですね。

 

牛乳由来の「乳清たん白濃縮物」とは、乳清のタンパク質を濃縮した物です。

原材料を見ると分かりますが、乳たん白(乳清)が多く、カゼインNaは少量と予想できます。(それぞれの含有量は分かりません。)

牛乳アレルギーの多くは乳たんぱく質の「カゼイン」が原因となりますが、「乳清」にアレルギーを起こす場合もあるようです。

乳清にアレルギー反応を起こさないことが分かれば計算値より少ない量(半分以下)として考えることができ、食べやすくなりますね。

油断は禁物ですので注意して下さい。

 

その他載せて欲しい含有量のリクエストをこちらのページからお待ちしています。

お礼をする鶏とひよこ