glicoのプッチンプリンに含まれる鶏卵の含有量アレルギー児用 2017年8月調べ

egg.jpg

鶏卵アレルギーの子供のために、江崎グリコ株式会社に直接問い合わせて確認した鶏卵の含有量です。

このページの商品のその他の含有量

milk.jpg
乳含有量

※注意書き

このページを見て鶏卵アレルギーのお子様に食べさせようと思った方は十分に注意をして下さい。

※この数値は計算上の値なので、製品により誤差があります

※また、規格変更などによる含有量の変更の可能性もあると思います。

最新の情報と違っていることなどに気が付いた方はコメントを頂けると非常に助かります。

(それ以外にもこのページに関して何かありましたら、どんなことでも構いません。コメントを受け付けています。コメントは承認後に掲載されます。)

鶏卵アレルギーは加熱によりの抗原性の強さが変わりますので注意して下さい。

詳しくは「鶏卵アレルギーの抗原性について調理法による残存率の違いと強さ」

※ページ下の備考欄にその他の注意点を記載している場合があります。

※このブログはリンクフリーですのでリンクを貼ることは構いませんが、企業により特別な許可を得ている場合もあるため、記載されていることは引用(転用)しないでください

※主に、「どんな食品に鶏卵がどれだけ含まれているのか」を記録していますが、乳、小麦、大豆などについても少しずつ記録しています。

載せて欲しい食品リクエストをこちらのページで受け付けています。

スポンサーリンク

江崎グリコ(株)について

「プッチンプリン 67g×3パック入り」の鶏卵の含有量(分量)

item1_3.png

100g 1個 2個 3個
製品重量 100g 67g 134g 201g
卵黄
含有量
0.2g 0.134g 0.268g 0.402g

※加熱については下記。

※1個あたり67g入り

※原材料に表示されている卵粉は卵黄粉のことですが、含有量は液卵黄に換算した値です。

原材料

乳製品、カラメルシロップ、砂糖、植物油脂、生乳、コーンスターチ、卵粉、食塩、ゲル化剤(増粘多糖類)、香料、乳化剤、酸味料、カロチン色素、V.

「Big プッチンプリン 160g入り」の鶏卵の含有量(分量)

item1_2.png

100g 1個 1/2個
製品重量 100g 160g 80g
卵黄
含有量
0.2g 0.32g 0.16g

※加熱については下記。

※1個あたり160g入り

※原材料に表示されている卵粉は卵黄粉のことですが、含有量は液卵黄に換算した値です。

原材料

乳製品、砂糖、カラメルシロップ、植物油脂、生乳、ローストシュガー、コーンスターチ、卵粉、食塩、寒天/糊料(増粘多糖類)、香料、乳化剤、カロテン色素、V.C、カラメル色素

「ひとくち プッチンプリン 6個入り」の鶏卵の含有量(分量)

item3.png

1個 2個 3個 4個 5個 6個
重量 20g 40g 60g 80g 100g 120g
卵黄
含有量
0.322g 0.644g 0.966g 1.288g 1.61g 1.932g

※加熱については下記。

※1個あたり20g入り

※原材料に表示されている卵粉は卵黄粉のことですが、含有量は液卵黄に換算した値です。

原材料

砂糖、乳製品、植物油脂、加糖卵黄、寒天、食塩/糊料(増粘多糖類)、香料、カラメル色素、乳化剤、カゼインNa、メタリン酸Na、カロテン色素、(一部に卵・乳成分を含む)

「Happyプッチンプリン 380g」の乳成分の含有量(分量)

161117_17_02Happyプッチンプリン380g__1.jpg

100gあたり 1個 1/2個
製品重量 100g 380g 190g
卵黄
含有量
0.2g 0.76g 0.38g

※1個あたり380g入り

※乳成分たんぱく質量を牛乳に換算、単位は「グラム(g)」

※原材料に表示されている卵粉は卵黄粉のことですが、含有量は液卵黄に換算した値です。

原材料

後日追記

スポンサーリンク

備考

グリコに問い合わせると、100gあたりの含有量で案内されるので、ちょっと分かりにくいですね。

このページの商品は全てプッチンプリンですが、原材料を見ると少し違う事が分かります。

卵粉だったり、加糖卵黄だったり。

どちらにしても使用しているのは卵黄です。

並び準が違うので使用量の割合も違うようです。

プリンの加熱についてですが、「殺菌程度の加熱」だそうです。

65℃~75℃で数分かな?という予想です。

卵黄しか使用していないとはいえ、加熱卵しか食べれないお子様は注意した方が良いと思います。

この記事が参考になりましたら「イイネ」などのソーシャルボタンをポチッと応援お願いします^^