glico チョコレート 「ペロティ スーパーマリオ ミッキー&ミニー」 乳成分(乳製品)含有量 牛乳換算値 アレルギー児用 (お菓子類)

牛乳アレルギー

2019年5月調べ、牛乳アレルギーの子供のために、江崎グリコ(株)に直接問い合わせて確認した乳成分(乳製品)の含有量

またまたグリコですが、今回は小さなお子様が好きなチョコレート菓子、ペロティです。

ひよこ

その他の含有量記事は上部のメニューからお探し下さい

牛

この記事は個人的なメモによるものだとご理解下さい。

スポンサーリンク

※注意書き
  • このブログ内に記録している含有量は個人的なメモのため、数値は保証できるものではありません。
  • この数値は計算上の値なので、製品により誤差があります。
  • 規格変更などによる含有量の変更の可能性もあります。
  • 牛乳のアレルゲンは加熱しても、アレルギーを起こす力は弱まらない為、含有量が大切です。詳しくはこちら。
  • ページ下の備考欄にその他の注意点を記載している場合があります。
  • このブログに書かれている事を転用・転載する場合は、このブログへのリンクを貼るようお願い致します
  • 載せて欲しい食品リクエストこちらのページで受け付けています。

江崎グリコ(株)について

※グリコからの回答は牛乳換算値(g)です。

「スーパーマリオ」 乳成分含有量(乳製品使用量)

グリコチョコレートスーパーマリオ

1本
製品重量(g) 20g
乳成分含有量
牛乳換算値(g)
32g
牛乳換算値(ml) 31.07ml

牛乳換算値

鶏卵不使用(コンタミネーション有)

この商品をAmazonで見る

原材料名(アレルギー情報)

砂糖、全粉乳、ココアバター、カカオマス、植物油脂、脱脂粉乳、乳化剤、香料、アカビート色素、(原材料の一部に大豆を含む)

 

「ココアバター」「乳化剤」は乳製品ではありません。

「ミッキー&ミニー」 乳成分含有量(乳製品使用量)

グリコチョコレート、ミッキー&ミニー

1本 2本
(1パック)
製品重量(g) 10g 20g
乳成分含有量
牛乳換算値(g)
16g 32g
牛乳換算値(ml) 15.53ml 31.07ml

牛乳換算値

鶏卵不使用(コンタミネーション有)

この商品をAmazonで見る

原材料名(アレルギー情報)

砂糖、全粉乳、ココアバター、カカオマス、植物油脂、脱脂粉乳、乳化剤、香料、アカビート色素、(原材料の一部に大豆を含む)

 

「ココアバター」「乳化剤」は乳製品ではありません。

スポンサーリンク

備考

チョコレートは大きさの割に乳が多く含まれていることが多いです。

製品の重量に対して1.6倍も牛乳が含まれてることになります。

これは「脱脂粉乳」と「全粉乳」のためですね。

含まれている乳タンパク質の量を牛乳に換算するととても多くなります。

参考:牛乳アレルギー摂取できる乳製品量の考え方と計算方法

 

ペロティの2品は原材料も同じですし、チョコレート自体は同じものだと思われます。

ミッキー&ミニーは2本に別れてるので1本あたりの量としては半分ですが、パックあたりの製品量、乳の含有量は同じです。

 

全て鶏卵不使用ですがコンタミNGのお子様は注意して下さい。

 

グリコ製品の場合、牛乳の量に換算した数値なので乳アレルギーの方にはとても分かりやすいです。

毎日決まった量の牛乳を飲むように指導されている方は多いと思いますが、毎日飲むのも子供は嫌がってしまい大変ですからね。

そんな時はこのサイトが役に立つと嬉しいです。

牛乳アレルギーは加熱による変化が少なく含有量で決まるので、含有量が分かっていればある程度安心して摂取できます。

鶏卵の場合は含有量が同じでも加熱具合でかなり変わってしまうので注意が必要ですよね。

 

次回の公開もglicoを予定しています。

更新はツイッターでお知らせしています。

お礼をする鶏とひよこ