(株)マルキンの商品に含まれる鶏卵の含有量 アレルギー児用 2016年6月調べ

鶏卵アレルギーの子供のために、「株式会社マルキン」に直接問い合わせて確認した鶏卵の含有量です。

※注意書き

このページを見て鶏卵アレルギーのお子様に食べさせようと思った方は十分に注意をして下さい。

※この数値は計算上の値なので、製品により誤差があります

※また、規格変更などによる含有量の変更の可能性もあると思います。

最新の情報と違っていることなどに気が付いた方はコメントを頂けると非常に助かります。

(それ以外にもこのページに関して何かありましたら、どんなことでも構いません。コメントを受け付けています。コメントは承認後に掲載されます。)

鶏卵アレルギーは加熱によりの抗原性の強さが変わりますので注意して下さい。

詳しくは「鶏卵アレルギーの抗原性について調理法による残存率の違いと強さ」

※ページ下の備考欄にその他の注意点を記載している場合があります。

※このブログはリンクフリーですのでリンクを貼ることは構いませんが、企業により特別な許可を得ている場合もあるため、記載されていることは引用(転用)しないでください

※主に、「どんな食品に鶏卵がどれだけ含まれているのか」を記録していますが、乳、小麦、大豆などについても少しずつ記録しています。

載せて欲しい食品リクエストをこちらのページで受け付けています。

スポンサーリンク

株式会社マルキンについて

「素材にこだわった しっとりバウムクーヘン 10個入り」の鶏卵の含有量(分量)

sittoribaumu_R.png

1個 2個 3個 4個 5個
全卵含有量 約6.41g 12.82g 19.23g 25.64g 32.05g

「厚切りカットバウム 10個入り」の鶏卵の含有量(分量)

atugirikattobaumu.png

1個 2個 3個 4個 5個
全卵含有量 約6.41g 12.82g 19.23g 25.64g 32.05g

「ファミリーケーキ 16個入り」の鶏卵の含有量(分量)

83t8340837e838a815b83p815b83l.png

1個 2個 3個 4個 5個
全卵含有量 約2.59g 5.18g 7.77g 10.36g 12.95g

「生マフィンケーキ 4個入り」の鶏卵の含有量(分量)

90b6837d83t83b839383p815b83l.png

1個 2個 3個 4個
全卵含有量 約8.46g 16.92g 25.38g 33.84g

「ヨード卵厚切りバウム 10個入り」の鶏卵の含有量(分量)

8388815b83h97918cfa90d882e883o83e8380.png

1個 2個 3個 4個 5個
全卵含有量 約6.0g 12.0g 18.0g 24.0g 30.0g

「ヨード卵プチケーキ 15個入り」の鶏卵の含有量(分量)

8388815b83h979183v836083p815b83l.png

1個 2個 3個 4個 5個
全卵含有量 約2.60g 5.2g 7.8g 10.4g 13.0g

「ヨード卵マフィンケーキ 4個入り」の鶏卵の含有量(分量)

8388815b83h9791837d83t83b839383p815b83l.png

1個 2個 3個 4個
全卵含有量 約8.54g 17.08g 25.62g 34.16g

「プチシュー チョコレートクリーム」の鶏卵の含有量(分量)

8360838783r83v8385815b83n838a815b8380.png

1個 5個 10個 15個
全卵含有量
(シューパフ)
約1.1g 5.5g 11g 16.5g
卵黄含有量
(クリーム)
約0.03g 0.15g 0.3g 0.45g

加熱工程について

シューパフについては、マルキンでの製造時に約150℃~260℃のオーブンで約14分間の加熱工程があるそうです。

クリームについてはマルキンでの製造時に加熱工程はなく、原材料メーカーで調合したものを使用しているそうです。

原材料メーカーでのクリーム製造時は、殺菌工程での加熱が30分以上あるそうです。(温度は不明)

原材料項目によるとクリーム内には卵黄しか入っていない為、アレルゲンは極微量かと思います。

十分に加熱された鶏卵10g程度しか食べれない娘は、このプチチューを食べてもアレルギー反応は全く出ませんでした。

「プチシュー カスタードクリーム」の鶏卵の含有量(分量)

83v836083v8385815b83n838a815b8380.png

1個 5個 10個 15個
全卵含有量
(シューパフ)
約1.1g 5.5g 11g 16.5g
卵黄含有量
(カスタードクリーム)
約0.03g 0.15g 0.3g 0.45g

加熱工程について

チョコクリーム同様、シューパフについては、マルキンでの製造時に約150℃~260℃のオーブンで約14分間の加熱工程があるそうです。

カスタードクリームについてはマルキンでの製造時に加熱工程はなく、原材料メーカーで調合したものを使用しているそうです。

原材料メーカーでのカスタードクリーム製造時は、65℃で30分以上の加熱殺菌工程があるそうです。

原材料項目によるとクリーム内には卵黄しか入っていない為、アレルゲンは極微量かと思います。

一般的にカスタードクリームは加熱が十分でないことが多い為注意が必要ですが、娘はこちらのプチシューのカスタードを食べることが出来ました。

加熱卵が少量でも解除になれば鶏卵アレルギーのお子様もカスタードクリームを初体験出来そうです。

スポンサーリンク

備考

バウムクーヘンやマフィンケーキは、クッキーやパンに比べると抗原性が高くなります。

始めて食べる場合は、症状が出ないか見ながら少量ずつ食べてみた方が良いと思います。

(株)マルキンはお菓子のようなプチシュークリームもあるのでいずれ追加したいと思います。

この記事が参考になりましたら「イイネ」などのソーシャルボタンをポチッと応援お願いします^^