『デイリーチョイス ロースハム』鶏卵の含有量 乳成分(乳製品)の含有量 原材料名 2020年05月記録

デイリーチョイス ロースハム
デイリーチョイス ロースハム

鶏卵アレルギーと牛乳アレルギーの子供のために、製品中に含まれる「卵の使用量」と「乳成分の使用量」と「原材料名」を記録しています。

2020年05月、日本ハム(株)に直接問い合わせて確認した含有量数値です。

前回記事『彩りキッチン ロースハム』、『ヘルシーキッチン ZERO ロースハム』に続いて、同じく日本ハム(株)の加熱食肉製品、『デイリーチョイス ロースハム』です。

全卵換算と、牛乳換算の計算値も載せました。

商品改定があったようなので、ベーコンの含有量も何品か記事更新していきます。

ピヨ

その他の含有量記事は上部のメニューからお探し下さい

スポンサーリンク

※注意書き
  • このブログ内に記録している含有量は個人的なメモのため、数値は保証できるものではありません。
  • この数値は計算上の値なので、製品により誤差があります。
  • 商品改定による含有量の変更の可能性もあります。
  • 当サイトに記載した原材料と、商品に記載された原材料(並び順など)に違いがある場合は商品改定のため注意して下さい。
  • 計算値に小数点以下のズレが生じますが、実際の数値に近づけるのと繰り上げ計算しているためです。(例えば1個0.04g、2個0.07gなど)
  • ページ下の備考欄にその他の注意点を記載している場合があります。
  • このブログに書かれている内容を転用・転載する場合は、このブログへのリンクを貼るようお願い致します

日本ハム(株)について

日本ハム(株)回答の乳成分含有量は、含まれている乳成分の総量です。牛乳換算値ではありません。

これは日本ハムに限らずほとんどの企業が同じですので注意して下さい。

『デイリーチョイス ロースハム』 鶏卵の含有量(使用量・分量)

■日本ハム(株)回答値

1枚当たり 2枚 3枚 4枚
(1パック)
製品重量(g) 9g 18g 27g 36g
乾燥卵白含有量(%)
日本ハム回答
4.304%

※1パック4枚入り。

※1パック標準36g入りですが、製品によりばらつきがあります。

彩りキッチン ロースハム』と同じ割合で含まれるようですが、製品重量に少し違いがあります。

『彩りキッチン ロースハム』は1パック40gで4枚入りなので、こちらの『デイリーチョイス ロースハム』の方が少し小さく、1枚当たりに含まれる量も少なくなります。

※原材料に「卵たん白」と書かれていますが、「鶏卵由来の乾燥卵白」だそうです。これは同じですね。

■乾燥卵白を全卵換算(g)  (当サイト計算)

1枚当たり 2枚 3枚 4枚
(1パック)
製品重量(g) 9g 18g 27g 36g
乾燥卵白含有量(g) 0.388g 0.775g 1.163g 1.550g
↑の乾燥卵白を
液卵白換算
3.099g 6.198g 9.297g 12.396g
↑の乾燥卵白を
全卵換算(g)
4.65g 9.30g 13.95g 18.60g

※卵白の量を基にした全卵換算です。

乾燥卵白は8倍すると、元の液卵白の量に戻すことができます。

液全卵換算はさらに1.5倍の数値になります。

彩りキッチン ロースハム』と同じ割合で含まれますが、『デイリーチョイス ロースハム』の方が少しい小さいため、含有量としてはこちらの方が少なくなります。

『デイリーチョイス ロースハム』乳成分の含有量(乳製品使用量・分量)

■日本ハム(株)回答値

1枚当たり 2枚 3枚 4枚
(1パック)
製品重量(g) 9g 18g 27g 36g
乳成分含有量(%)
日本ハム回答
0.922%

※1パック4枚入り。

※1パック標準36g入りですが、製品によりばらつきがあります。

※使用されている乳成分・乳製品の総量です。

※原材料に「乳たん白」と書かれていますが、牛乳由来の「乳清たん白濃縮物」だそうです。

それ以外に「カゼインNa」も含まれます。

※原材料は使用量の多い順に記載されているため、「乳清たん白濃縮物」>「カゼインNa」となります。

■おおよそ牛乳換算値 (当サイト計算)

1枚当たり 2枚 3枚 4枚
(1パック)
製品重量(g) 9g 18g 27g 36g
乳成分含有量 総量(g) 0.083g 0.166g 0.249g 0.332g
牛乳換算値(g) 2.27g 4.54g 6.81g 9.08g
牛乳換算値(ml) 2.20ml 4.41ml 6.61ml 8.82ml

※1パック標準36g入りですが、製品によりばらつきがあります。

「乳清たん白濃縮物」のタンパク質割合と、「カゼインNa」のタンパク質割合がたまたま同じだったため、このように計算することができました。

「乳清たん白濃縮物」について備考欄に記載しています。

『デイリーチョイス ロースハム』の原材料名(アレルギー情報)

原材料名
豚ロース肉、卵たん白、還元水あめ、食塩、大豆たん白、砂糖、豚コラーゲン、乳たん白/調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、増粘多糖類、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)、香辛料、コチニール色素、(一部に乳成分・大豆・豚肉を含む)

※卵由来を赤字、乳由来を青字としていますが、メーカーに確認してはないため、これ以外にも卵由来の物、乳由来の物が含まれる可能性があります。

スポンサーリンク

備考

※『彩りキッチン ロースハム』、『ヘルシーキッチン ZERO ロースハム』 、『デイリーチョイス ロースハム』、3種類それぞれ含有量は異なりますが、どれもあまり変わらない量でした

最も少ないのはこの記事の『デイリーチョイス ロースハム』のようです。

日本ハムの製品は卵たん白が増えている製品が多いようです。

このサイトに書かれている原材料と見比べて、商品に記載されている原材料が変わっている場合は注意して下さい。

ベーコンなど今後も何品か記事にしていきます。

 

牛乳由来の「乳清たん白濃縮物」とは、乳清のタンパク質を濃縮した物です。

原材料を見ると分かりますが、乳たん白(乳清)が多く、カゼインNaは少量と予想できます。(それぞれの含有量は分かりません。)

カゼインは牛乳アレルギーで最も注意が必要な原材料かもしれません。

牛乳アレルギーの多くは乳たんぱく質の「カゼイン」が原因となりますが、「乳清」にアレルギーを起こす場合もあるようです。

乳清にアレルギー反応を起こさないことが分かれば計算値より少ない量(半分以下)として考えることができ、食べやすくなります。

油断は禁物ですので注意して下さい。

 

日本ハムのロースハムは、卵白の量が他の加熱食肉製品に比べて多いと思います。

加熱しなくても食べることができますが、卵アレルギーは加熱により抗原性の強さが全く変わってしまうので注意が必要ですね。

 

問題なく食べれるようになったら、日本ハムの工場見学はお勧めですよ。

予約するのに苦労しますが。

鶏卵不使用のウインナー(シャウエッセン)やベーコンなどを試食できます。

 

その他載せて欲しい含有量のリクエストをこちらのページからお待ちしています。

お礼をする鶏とひよこ