一正蒲鉾(いちまさかまぼこ)の練り物製品(ねり物)に含まれる鶏卵の含有量 PART2 アレルギー児用 2019年1月調べ

鶏卵アレルギーの子供のために、一正蒲鉾株式会社に直接問い合わせて確認した鶏卵の含有量です。

一正蒲鉾(株)については第2段となります。

過去の記事はこちら、「一正蒲鉾(株)の練り物に含まれる鶏卵の含有量」

 

他社の練り物類の鶏卵の含有量についてはこちら

魚肉ねり製品に含まれている一般的な鶏卵の量が分かると思います。

スポンサーリンク

※注意書き
  • このブログ内に記録している含有量は個人的なメモのため、数値は保証できるものではありません。
  • この数値は計算上の値なので、製品により誤差があります
  • 規格変更などによる含有量の変更の可能性もあります。
  • 鶏卵アレルギーは加熱によりの抗原性の強さが変わりますので注意して下さい。詳しくは「鶏卵アレルギーの抗原性について調理法による残存率の違いと強さ」
  • ページ下の備考欄にその他の注意点を記載している場合があります。
  • 全卵とだけ書いてある場合、全て液全卵での量になります。
  • このブログに書かれている事を転用・転載する場合は、このブログへのリンクを貼るようお願い致します
  • 載せて欲しい食品リクエストをこちらのページで受け付けています。

一正蒲鉾株式会社について

「アンパンマンひとくちはんぺん」4個入りの鶏卵の含有量(分量)

よい子のひとくちはんぺん
よい子のひとくちはんぺん
1個 2個 3個 4個
製品重量 15g 30g 45g 60g
液卵白 1.7g 3.4g 5.1g 6.8g
↑の卵白を全卵換算 2.55g 5.1g 7.65g 10.2g

※液全卵換算値はブログ管理人の計算です。(卵白にアレルギーがあるものとして考えています。)

全卵2.55g中に含まれる液卵白が1.7gという計算です。

卵1個の重量はLサイズ(殻なし)で約60g、 Mサイズ(殻なし)で 約50gです。

原材料

魚肉、卵白、でん粉、発酵調味料、砂糖、食塩、やまいも、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、ソルビトール、増粘多糖類、着色料(フラボノイド)、(原材料の一部に小麦、乳成分を含む)

※原材料の魚は「えび、かに」を食べています。

「チーズサンドはんぺん」4個入りの鶏卵の含有量(分量)

チーズサンドはんぺん
チーズサンドはんぺん
1個 2個 3個 4個
製品重量 15g 30g 45g 60g
液卵白含有量 1.3g 2.6g 3.9 5.2g
↑の卵白を全卵換算 1.95g 3.9g 5.85g 7.8g

※液全卵換算値はブログ管理人の計算です。(卵白にアレルギーがあるものとして考えています。)

全卵7.5g中に含まれる液卵白が5.0gという計算です。

原材料

魚肉、プロセスチーズ、卵白、でん粉、発酵調味料、砂糖、食塩、やまいも/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、ソルビトール、増粘多糖類、乳化剤、カロチノイド色素、(一部に卵・乳成分・小麦・やまいもを含む)

※原材料の魚は「えび、かに」を食べています。

「オホーツク」(カニカマ) 10本入りの鶏卵の含有量(分量)

オホーツク(カニカマ)
オホーツク(カニカマ)
1本 2本 3本 4本 5本
製品重量 12.5g 25g 37.5g 50g 62.5g
乾燥卵白含有量 0.05g 0.1g 0.15g 0.2g 0.25g
↑の乾燥卵白を全卵換算 0.6g 1.2g 1.8g 2.4g 3.0g

乾燥卵白を元の液卵白に戻した重量にするには約8倍し、さらに全卵換算で1.5倍します。計算についてくわしくは、乾燥卵を液卵に戻した時の重量は?

原材料

魚肉(たら)、かにペースト、発酵調味料、食塩、砂糖、乾燥卵白、植物油、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、炭酸カルシウム、香料、ソルビトール、トマト色素、貝殻焼成カルシウム、(原材料の一部に小麦、えび、大豆を含む)

「サラダスティック」(カニカマ) 10本入りの鶏卵の含有量(分量)

サラダスティック10本入り
サラダスティック
1本 2本 3本 4本 5本
製品重量 7.5g 15g 22.5g 30g 37.5g
乾燥卵白含有量 0.0002g 0.0004g 0.0006g 0.0008g 0.001g
↑の乾燥卵白を全卵換算 0.0024g 0.0048g 0.0072g 0.0096g 0.0012g

乾燥卵白を元の液卵白に戻した重量にするには約8倍し、さらに全卵換算で1.5倍します。計算についてくわしくは、乾燥卵を液卵に戻した時の重量は?

原材料

魚肉、でん粉、砂糖、大豆たん白、発酵調味料、植物油、かにエキス、食塩、かつおエキス、乾燥卵白/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、着色料(紅麹)、香料、貝殻焼成カルシウム、ポリグルタミン酸、(一部に卵・小麦・えび・かに・大豆を含む)

※ポリグルタミン酸は納豆のネバの成分でまろやかな味にするために使用しています。

魚肉練り製品の製造時の加熱について

製造工程での加熱具合につきましては、国が定める製造基準があり、加熱条件として、ねり肉(魚肉)中心部の温度が75℃以上に達するまで加熱しなければならないとされています。

厚生労働省の規格基準ページより

魚肉ソーセージ及び魚肉ハムにあっては、その中心部の温度を 80°で 45 分間加熱する方法又はこれと同等以上の効力を有する方法により、特殊包装かまぼこにあっては、その中心部の温度を 80°で 20 分間加熱する方法又はこれと同等以上の効力を有する方法により、その他の魚肉ねり製品にあっては、その中心部の温度を 75°に保って加熱する方法又はこれと同等以上の効力を有する方法により殺菌しなければならない。ただし、魚肉すり身にあっては、この限りでない。厚生労働省ホームページより(PDF)

スポンサーリンク

備考

この記事はリクエストにより公開しました。

卵1個の重量はLサイズ(殻なし)で約60g、 Mサイズ(殻なし)で 約50gです。

練り製品は少量なことが分かります。

おでんなどにしてじっくり煮込めば抗原性はかなり下がるので、食べれる子供も多いと思います。