Nissin日清食品(株)の即席袋めんに含まれる鶏卵の含有量 2016年2,11月調べ

鶏卵アレルギーの子供のために、NISSIN日清食品(株)に直接問い合わせて確認した鶏卵の含有量(分量)です。

即席麺にはほとんど含まれないようですが念のため問い合わせてみました。

即席インスタントラーメンの袋麺類についてです。

日清のインスタントラーメンはこれを参考にすればだいたいが分かると思います。

※注意書き

このページを見て鶏卵アレルギーのお子様に食べさせようと思った方は十分に注意をして下さい。

※この数値は計算上の値なので、製品により誤差があります

※また、規格変更などによる含有量の変更の可能性もあると思います。

最新の情報と違っていることなどに気が付いた方はコメントを頂けると非常に助かります。

(それ以外にもこのページに関して何かありましたら、どんなことでも構いません。コメントを受け付けています。コメントは承認後に掲載されます。)

鶏卵アレルギーは加熱によりの抗原性の強さが変わりますので注意して下さい。

詳しくは「鶏卵アレルギーの抗原性について調理法による残存率の違いと強さ」

※ページ下の備考欄にその他の注意点を記載している場合があります。

※このブログはリンクフリーですのでリンクを貼ることは構いませんが、企業により特別な許可を得ている場合もあるため、記載されていることは引用(転用)しないでください

※主に、「どんな食品に鶏卵がどれだけ含まれているのか」を記録していますが、乳、小麦、大豆などについても少しずつ記録しています。

載せて欲しい食品リクエストをこちらのページで受け付けています。

スポンサーリンク

日清食品株式会社について

即席袋麺「チキンラーメン(袋麺)」の鶏卵の含有量(分量)

hukuro-chikinramen.jpg

1食分
全卵含有量 0.2g
卵黄含有量 0.001g

商品ページ

チキンラーメンはそれほど含まれないようなので、少しでも加熱卵が食べれる方は大丈夫そうです。

全卵1個を60gとすると、約1/300個程度です。

原材料

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、醤油、食塩、チキンエキス、糖類、たん白加水分解物、香辛料、デキストリン、香味調味料、オニオンパウダー)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に、乳成分、やまいも、ごまを含む) 引用元https://www.nissin.com/jp/products/items/7466

即席袋めん「日清ラ王 醤油 5食パック」の鶏卵の含有量

hukuro-raohsyouyu5.jpg

1食分
全卵含有量

(麺)

約0.01g?

日清からの返答メールで、「?」が付いていました。

?が何の意味かは説明がありません。

極少量のようです。

原材料

めん(小麦粉、食塩、チキンエキス、植物油脂)、スープ(醤油、植物油脂、食塩、香味油、糖類、香辛料、メンマパウダー、大豆食物繊維)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸Ca、カラメル色素、増粘多糖類、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、ビタミンB2、乳化剤、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に、乳成分、豚肉を含む) 引用元https://www.nissin.com/jp/products/items/7616

即席袋めん「日清ラ王 味噌 5食パック」の鶏卵の含有量

hukuro-raohmiso5.jpg

1食分
全卵含有量

(麺)

約0.01g?

日清からの返答メールで、「?」が付いていました。

こちらも?が何の意味かは説明がありません。

ラ王シリーズも袋麺であれば極少量のようです。

原材料

めん(小麦粉、食塩、植物油脂、チキンエキス)、スープ(味噌、醤油、ポークエキス、豚脂、香味油、香辛料、食塩、糖類、植物油脂、酵母エキス、たん白加水分解物、大豆食物繊維)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸Ca、カラメル色素、増粘剤(アラビアガム)、酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、乳化剤、(原材料の一部に、乳成分、ごまを含む) 引用元https://www.nissin.com/jp/products/items/7619

即席袋めん「出前一丁」の鶏卵の含有量

hukuro-demaeittyou5.jpg

1食分
全卵含有量

(スープ内)

約0.02g

こちらは麺に鶏卵を含まないようです。

スープ内のみです。

このパッケージを見ると頭の中に「でま~えいっちょう~~」って流れませんか?

昔CMで良く見た馴染み深いラーメンですよね。

原材料

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、醤油、ポークエキス)、スープ(食塩、ごま、糖類、植物油脂、醤油、香味調味料、香辛料、たん白加水分解物、ポークエキス、ねぎ、香味油)、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、カラメル色素、かんすい、増粘多糖類、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に、乳成分、鶏肉を含む) 引用元https://www.nissin.com/jp/products/items/6872

スポンサーリンク

備考

東洋水産株式会社の「丸ちゃん製麺」は問い合わせても含有量を教えて頂く事が出来ないのですが、日清食品(株)は教えて頂けました。

ありがとうございます<m(__)m>

袋めんは極少量のようで、0.02g以下の物が多いです。

カップめんでも乾燥エッグや天ぷらが入るもの以外は0.2g以下です。

鶏卵不使用の即席ラーメンですと今までは「さっぽろ一番」シリーズを良く食べていたのですが、少量でも鶏卵アレルギーの食事制限が解除されているお子様はほとんどの即席インスタントラーメンを食べることが出来そうですね。

冷蔵タイプの生ラーメンの麺も教えて頂いたのですが、即席麺とは全く異なり想像以上にタマゴが使われているました。

一般のラーメン店の麺にはどのくらいタマゴが含まれているのか気になるのですが、なかなか教えて頂けるお店がありません。

鶏卵不使用ラーメン店はこちらで紹介しました。

インスタントラーメンについてはこれから徐々に追加していきます。

ソーシャルボタンの「イイネ」でポチッと応援お願いします^^